Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

100ページ月2310円から利用できるサイト改ざんの検知サービス

綜合警備保障(ALSOK)は、ウェブサイトの改ざん被害を定期的にチェックする「ホームページ改ざん検知サービス」を提供開始した。

同サービスは、企業のウェブサイトが改ざんされていないか定期的にチェックするもの。同社ではセキュアブレインと業務提携しており、同サービスでは「GRED Web改ざんチェック」のシステムを採用した。

システムの設定変更は不要で、URLを登録するだけで利用できる。コンテンツやリンク先などを解析し、改ざんを検知した場合はアラートメールで管理者に通知。管理者は専用ページにアクセスし、改ざんの箇所や内容の確認が行える。

ページ数の少ない中小企業向けに、100ページ月額2310円から利用できるメニューを用意。1000ページでは月額1万500円、3000ページで1日4回以上の検査を実行する場合は月額4万7250円となっている。いずれも初期費用は無料。

(Security NEXT - 2014/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加