Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSEC、台湾の中華民国情報サービス産業協会と協定を締結

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、2013年12月に台湾の中華民国情報サービス産業協会(CISA)」と協定を結んだ。

両者は、研究開発、技術や事業サービス、製造販売の面から相互に協力していくとして、今回の協定を締結したもの。それぞれの会員におけるビジネスチャンスの創造や発展などを目指す。

JSSECでは、今回の協定について、スマートデバイスの安全利用を啓発する活動指針の一環であり、国際協力の第一歩であると説明。今後はCISAを介して人材、出版、会員ビジネスの支援、イベントやシンポジウムなど交流を進める。

(Security NEXT - 2014/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
偽不在通知SMSをクリックするとどうなる? - 動画で紹介
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく