Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSEC、台湾の中華民国情報サービス産業協会と協定を締結

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、2013年12月に台湾の中華民国情報サービス産業協会(CISA)」と協定を結んだ。

両者は、研究開発、技術や事業サービス、製造販売の面から相互に協力していくとして、今回の協定を締結したもの。それぞれの会員におけるビジネスチャンスの創造や発展などを目指す。

JSSECでは、今回の協定について、スマートデバイスの安全利用を啓発する活動指針の一環であり、国際協力の第一歩であると説明。今後はCISAを介して人材、出版、会員ビジネスの支援、イベントやシンポジウムなど交流を進める。

(Security NEXT - 2014/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「JAPANSecuritySummit 2021」をオンライン開催
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
15.7%が1つのパスワードを使い回し - 半数は「2〜4種類」
スマホ運用のセキュリティ対策チェックシートに新版 - JSSEC
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少