Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、情報セキュリティの普及啓発用ロゴマークを公開

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、情報セキュリティの普及啓発活動の一環としてロゴマークを作成、公開した。

20140123ni_001.jpg
ロゴマーク。キャッチフレーズ入りのマークも用意している

今回公開したロゴマークは、普及啓発活動のキャッチフレーズとなっている「知る・守る・続ける」に対応させたデザインを採用。

地球をモチーフに、情報を冷静に理解して知ることをイメージした「青」、情報セキュリティの脅威から身を守る「緑」、情熱を持って続ける「赤」をあしらった。

使用規約に同意し、使用届出書を提出すれば、イベントのポスターやパンフレット、ウェブサイトなどへ利用することが可能で、同センターでは情報セキュリティの普及啓発に関連する様々な広報に活用してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベントで参加者の手荷物紛失、なかに戸籍謄本 - 野田市
10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委
サーバがスパム送信の踏み台に、個人情報流出は否定 - 静岡大
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
都食品安全啓発チラシの二次元コード、不正サイト誘導のおそれ
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
「デジタルリテラシー協議会」設立 - スキルフレームワークを公開
宣伝会議賞で「プライバシーマーク」のキャッチフレーズがシルバー賞
BSIグループとイエラエ、IoTセキュリティ分野で協業