Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保育所職員が個人情報含む書類を誤って古紙回収に出し路上に散乱 - 大阪市

大阪市立保育所において、児童26人と保護者6人の個人情報含む書類の一時紛失が発生した。

市民からの連絡で判明したもの。1月15日17時50分ごろ、同保育所に保育所名や児童の氏名が記載された書類が路上に散乱しているとの連絡があり、職員が現地に向かい書類を回収した。

書類は同保育所の職員が自宅に持ち帰っていたもので、同月10日に私物の紙類を古紙回収に出した際、書類が紛れ込み、その後路上に散乱したと見られる。詳しい原因はわかっていない。

一時紛失したのは、児童23人の氏名と生年月日含む「新乳児名簿」、児童11人の氏名、生年月日、離乳の状況、アレルギーの内容を含む「離乳食・アレルギー表」、児童6人の氏名、保護者氏名、住所、生年月日、性別を含む「児童一覧」など。散乱した書類は、すべて回収したという。

対象となる児童の保護者には、保育所を運営している社会福祉法人が説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2014/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

就学援助申請書類が小学校の回議で所在不明に - 名古屋市
心理検査結果を個人PCに送信、誤って31市町にも - 静岡県
メール誤送信、宛先候補に表示された類似メアドに - 大阪市
小学校で児童の個人情報含む書類が所在不明、判明は4月 - 横須賀市
市立小2校で児童の画像含むタブレットが所在不明 - 仙台市
市立小で「家庭連絡票」ファイル6冊が所在不明に - 大阪市
市立校で児童健康調査票を誤送信、メアド入力ミスで - 安曇野市
特別児童扶養手当の認定書類を別人に誤送付 - 生駒市
市内3校で健康診断票が所在不明、引継時に紛失か - 尼崎市
コロナ感染の小学校児童情報を複数保護者に誤送信 - 松本市