Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android向け「Sleipnir」に位置情報が漏洩するおそれ - 修正版が公開

フェンリルが提供するAndroid向けブラウザ「Sleipnir Mobile for Android」に位置情報が漏洩する脆弱性が含まれていることがわかった。問題を修正した新版が公開されている。

同アプリにおいて、「Geolocation API」の処理に脆弱性「CVE-2014-0806」が存在していることが判明したもの。同脆弱性により、ユーザーの位置情報が閲覧中のウェブサイトに送信され、漏洩するおそれがある。

影響を受けるのは、「同2.12.1」や同アプリの「Black Edition」。以前のバージョンも含まれる。現在、脆弱性を修正した最新版「同2.12.2」が公開されている。

今回の脆弱性は、Ryoji Tamura氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。修正にあたり、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2014/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正