Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」に深刻な脆弱性、専門機関がバージョンアップを強く推奨

「BIND 9」にサービス拒否へ陥る可能性がある深刻な脆弱性が存在することがわかった。Internet Systems Consortium(ISC)や日本レジストリサービス(JPRS)など関係機関ではアップデートを実施するよう呼びかけている。

日本レジストリサービスによれば、今回明らかとなった脆弱性「CVE-2014-0591」は、「BIND 9.6.0」以降に存在。権威DNSサーバで「NSEC3」を用いてDNSSEC署名されたゾーンを保持している場合に、特定の要求を受けるとサービスが停止するおそれがあるという。キャッシュDNSサーバについては影響を受けない。

今回の発表時点で、攻撃手法に関する情報は流通していないが、障害発生時のトレース情報はすでに公開されており、攻撃手法が発見された場合、リモートより攻撃を受けるおそれがある。

ISCでは今回の脆弱性について深刻度を「高」にレーティング。脆弱性を修正した「同9.6-ESV-R10-P2」「同9.8.6-P2」「同9.9.4-P2」の提供を開始した。JPRSでもバージョンアップを強く推奨するなど、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開