Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」に深刻な脆弱性、専門機関がバージョンアップを強く推奨

「BIND 9」にサービス拒否へ陥る可能性がある深刻な脆弱性が存在することがわかった。Internet Systems Consortium(ISC)や日本レジストリサービス(JPRS)など関係機関ではアップデートを実施するよう呼びかけている。

日本レジストリサービスによれば、今回明らかとなった脆弱性「CVE-2014-0591」は、「BIND 9.6.0」以降に存在。権威DNSサーバで「NSEC3」を用いてDNSSEC署名されたゾーンを保持している場合に、特定の要求を受けるとサービスが停止するおそれがあるという。キャッシュDNSサーバについては影響を受けない。

今回の発表時点で、攻撃手法に関する情報は流通していないが、障害発生時のトレース情報はすでに公開されており、攻撃手法が発見された場合、リモートより攻撃を受けるおそれがある。

ISCでは今回の脆弱性について深刻度を「高」にレーティング。脆弱性を修正した「同9.6-ESV-R10-P2」「同9.8.6-P2」「同9.9.4-P2」の提供を開始した。JPRSでもバージョンアップを強く推奨するなど、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処
ライブラリ「libuv」にSSRFの脆弱性 - アップデートで解消
「VMware拡張認証プラグイン」に脆弱性 - 削除か無効化を
エレコム製の複数無線「LAN」ルータに3件の脆弱性
GitLab、アップデートで4件の脆弱性を修正
「GitLab」に月例セキュリティリリース - 深刻な脆弱性を解消
「GitHub Enterprise Server」に10件の脆弱性 - アップデートで修正
「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消
Palo Altoの「PAN-OS」に5件の脆弱性 - アップデートにて修正
「Ghostscript」旧版に「クリティカル」とされる脆弱性