Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報のべ1万4000件含むUSBメモリが所在不明に - 亀田総合病院

千葉県鴨川市所在の亀田総合病院において、患者情報のべ1万4813件が保存されたUSBメモリが所在不明になっていることがわかった。

所在不明なのは個人所有のUSBメモリで、1月7日に紛失が判明した。泌尿器科の医師と医療担当事務員が必要な情報を共有するためデータ入力したもので、暗号化やパスワードなどのセキュリティ措置は講じていなかったという。

同USBメモリには、泌尿器科の患者のべ9750人の氏名、入院予定日、疾患名、主治医など含む2002年以降の入院予定台帳と、患者のべ5063人の氏名、疾患名、手術予定日、執刀医など含む2007年以降の手術台帳が記録されていた。不正利用などは確認されていない。

同院では、対象となる患者に報告と謝罪の文書を送付。パスワード設定が可能なUSBメモリを同院では導入しており、それ以外のUSBメモリについて使用を禁止していたが、規定が守られていなかったとして、職員教育を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2014/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大