Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱東京UFJ、ネットバンク狙うマルウェアに特化した対策ソフトを無償配布

三菱東京UFJ銀行は、オンラインバンキングのIDやパスワードを狙うマルウェア対策に特化したソフト「Rapport」の無償配布を、12月15日より開始する。

Trusteerのオンラインバンキング専用ウイルス対策ソフト「Rapport」を無償で配布するもの。同ソフトは、オンラインバンキングを狙うウイルスを検知、駆除するとともに、通信内容やキーボードの入力内容を保護する。

マルウェア感染により、オンラインバンキングのIDやパスワードが窃取され、他人名義の銀行口座への不正送金される被害が多発していることから、被害を低減するため導入を決めた。国内で同ソフトを配布する金融機関は同行がはじめてだという。

同行オンラインバンキングのウェブサイトから無償でインストールできる。対応OSはWindowsとMacで、スマートフォンは未対応。他社ウイルス対策ソフトとの併用を推奨しているが、一部ソフトとは併用できない場合もある。

(Security NEXT - 2013/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「Fonix」が活動停止 - 謝罪して復号鍵を公開
就職氷河期世代のeスポーツ愛好家向けにセキュ人材研修 - 群馬県
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
IoT開発者向けのセキュリティ手引書を公開 - SIOTP協議会
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry