Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱東京UFJ、ネットバンク狙うマルウェアに特化した対策ソフトを無償配布

三菱東京UFJ銀行は、オンラインバンキングのIDやパスワードを狙うマルウェア対策に特化したソフト「Rapport」の無償配布を、12月15日より開始する。

Trusteerのオンラインバンキング専用ウイルス対策ソフト「Rapport」を無償で配布するもの。同ソフトは、オンラインバンキングを狙うウイルスを検知、駆除するとともに、通信内容やキーボードの入力内容を保護する。

マルウェア感染により、オンラインバンキングのIDやパスワードが窃取され、他人名義の銀行口座への不正送金される被害が多発していることから、被害を低減するため導入を決めた。国内で同ソフトを配布する金融機関は同行がはじめてだという。

同行オンラインバンキングのウェブサイトから無償でインストールできる。対応OSはWindowsとMacで、スマートフォンは未対応。他社ウイルス対策ソフトとの併用を推奨しているが、一部ソフトとは併用できない場合もある。

(Security NEXT - 2013/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
SAJ、サイバーセキュリティボランティア制度を創設 - 人材不足の公益団体を無償支援
JPCERT/CC、「EmoCheck v2.3」を公開 - 「Emotet」検出方法を拡充
進化する「Emotet」に対応した感染チェックツール最新版を公開 - JPCERT/CC
未感染者にも及ぶ「Emotet」被害 - なりすまされ、約10万件のメール
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC
シスコ、中小企業向けにセキュリティ対策の支援窓口
Emotetの進化を受けて「EmoCheck v2.1」を公開 - 念のため最新版でチェックを
「Emotet」相談、前月の約7倍に - 自然な日本語と具体的な指示で信用させる文面も