Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本クラウドセキュリティアライアンスが一般社団法人化

日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)は、組織形態を任意団体から一般社団法人に変更した。資金やリソースを確保し、積極的な活動を展開する。

利用が急速に拡大し、社会的情報基盤としても活用される一方、セキュリティ上のリスクが議論されているクラウドコンピューティングのセキュリティについて、同団体では、調査研究や提言、教育活動を展開、推進していく。

非営利団体である「Cloud Security Alliance(CSA)」の日本支部として、2010年6月より活動をスタート。講演や「CSAクラウドセキュリティガイダンス」や「クラウド・コントロール・マトリクス(CCM)日本語版」の提供など活動を展開してきた。

これまでボランティアによって運営してきたが、12月3日に設立総会を開催。一般社団法人として再発足した。法人化により企業会員を迎えることで、資金やリソース、機能を確保する。

国内のクラウドベンダーと利用者が、クラウドのセキュリティに関する情報を入手したり、認識を共有できるようコミュニティを提供。ベストプラクティスの形成なども行う。

またCSAやAPAC本部の活動に参加。日本のステークホルダーを代表して意思や利害の反映を目指すほか、本部の成果を日本支部の会員へ還元していく。

(Security NEXT - 2013/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
ISMAPクラウドサービスリストが公開 - 7社10サービス
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も