Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オーク情報システム、Windows 8.1に対応した「CyberCrypt」をリリース

オーク情報システムは、ファイル暗号化ソフトの新版「CyberCrypt Ver.4.1」を12月10日より提供開始する。

同製品は、ファイル単位で暗号化できるソフトウェア。右クリックによる操作や、自動暗号化フォルダを利用した暗号化に対応している。パスワードを紛失した場合には、マスターキーによる復号も可能。

今回のバージョンアップは、サポート環境を拡充したもので、あらたに「Windows 8」および「同 8.1」に対応した。

(Security NEXT - 2013/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加