Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECフィールディング、マネージドサービスのウイルス対策を強化 - 大規模企業にも対応

NECフィールディングは、クライアントパソコンのIT資産やセキュリティを管理するマネージドサービス「iQQsam」の機能を強化し、ウイルス対策機能を追加した。

今回あらたに追加した「iQQsam Anti-Virus powered by Trend Micro」は、トレンドマイクロの「ウイルスバスタービジネスセキュリティサービス」と運用管理サービスをパッケージ化したサービス。

同社では従来より小規模事業者向けにウイルス対策サービスを展開してきたが、同サービスの追加により、300台から1万台程度まで対応が可能となった。顧客と同社でウイルス対策状況の情報を共有。同社でウイルス対策の状況を監視するほか、顧客からも専用ポータルサイトから対策状況を確認することができる。

また初期導入作業のサポートや定義ファイル適用状況レポートなども提供する。月額利用料は、1クライアントあたり600円から。同社では、今後3年間に3億円の売上を目指し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2013/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
Symantecセキュサービス部門の買収を完了 - Accenture
Accenture、BroadcomからSymantecのセキュリティサービス事業を買収
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供