Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、他社との連携によりサイバー攻撃研究を強化

ラックは、他セキュリティベンダーとの連携を強化し、共同研究を推進すると発表した。手はじめに、セキュアブレインとアズビルセキュリティフライデーと連携する。

日本を対象としたサイバー攻撃の高度化や複雑化が進んでいることから、より効果的なセキュリティ対策を提供することを目指して、同社では従来の研究体制を一新。他社と共同研究を進めるフレームワーク「サイバー・グリッド・ジャパン構想」を構築するという。

他社との連携によってより高度で専門的かつ有機的な連携を目指し、学術的な研究をはじめ、インシデントの事後解決といった活動を展開していく。

手はじめに、マルウェア解析分野でノウハウを持つセキュアブレイン、金融機関に対するサイバー攻撃対策の分野に強みを持つアズビルセキュリティフライデーと連携。今後も取り組みに賛同する企業などを募集していく。

(Security NEXT - 2013/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
ランサムウェア対策で業界横断連携 - 米17組織
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
政府、サイバーセキュリティ協議会の第4期構成員を募集
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁