Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セキュリティ・ミニキャンプ」が沖縄で初開催

セキュリティ・キャンプ実施協議会、情報処理推進機構(IPA)、内閣府は共同で、12月21日と翌22日の2日間にわたり、「セキュリティ・ミニキャンプ in 沖縄」を開催する。

「セキュリティ・ミニキャンプ」は、情報セキュリティの人材発掘や育成を目的とした学生向けイベント。若年層の情報セキュリティ人材の育成に関心が高い地域で、2012年度より地方大会として展開しており、今回はじめて沖縄に上陸する。

イベントの会場は、沖縄科学技術大学院大学で、「ソフトウェア・セキュリティ・クラス」「ネットワーク・セキュリティ・クラス」を用意し、2クラスあわせて約20名を募集する。対象は、国内に在住し、過去のセキュリティ・キャンプに一度も参加したことがなく、2014年3月末の時点で22歳以下の学生や生徒。

参加費は無料。宿泊費、食事代なども不要で、往復交通費のみ参加者の負担となる。応募締め切りは、11月22日17時必着。詳細や応募用紙は沖縄ITパークの案内ページから。

(Security NEXT - 2013/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意
セキュキャン全国大会、オンライン開催に - 新型コロナ影響で
セキュキャン修了生の交友会をオンラインで開催
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
8カ国から若者が集結する「GCC」 - 国内参加者の募集開始
キャンプ場予約サイトに不正アクセス - 施設のメアドが流出か
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
都内で「セキュリティ・キャンプフォーラム2019」を開催 - IPA
セキュキャン修了生イベント、成果発表やMVPを募集
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」