Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iPhone」や「iPad」をクラッシュさせるツイートが拡散中

「iPhone」や「iPad」など、「iOS」を搭載したスマートデバイスをクラッシュさせるURLが、SNSを通じて拡散していることがわかった。

端末をクラッシュさせ、強制的に再起動させる動画ファイルへのリンクが、11月8日14時ごろからTwitter上で拡散していることをトレンドマイクロが確認したもの。問題のURLにアクセスすると端末が再起動するほか、「iOS 7」ではブルースクリーンの状態に陥る場合もあるという。

リンクを含むツイートは、少なくとも200件弱にのぼる。おもしろいサイトへのリンクに見せかけるなど、一般ユーザーがいたずらとして拡散しているものも多い。

同社が動画ファイルを分析したところ、リンク先はQuickTime形式の動画ファイルで、変換エラーにより一部のデータが欠損したものと見られ、偶然クラッシュを引き起こしていることが判明。深刻な被害につながるものではないとしている。

ただし、偶然見つかったエラーを起こすファイルが今回のように悪用されたり、偶発的な不具合からあらたに脆弱性を攻撃するコードが作成される場合もあり、注意が必要であると指摘。またソーシャルメディア上で拡散されているURLを安易にクリックしたり、拡散しないよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
「Cisco IOS XR」にサービス拒否の脆弱性 - ゼロデイ攻撃も
「ニトリアプリ」に脆弱性、アプリ経由で外部URLへ誘導されるおそれ
5カ月ぶりに「Emotet」が活動再開 - 感染拡大に警戒を
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」が公開 - 脆弱性29件を修正