Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開示不要の顧客情報124件を債権者の公的機関に提供 - 大同生命

大同生命保険は、公的機関が差押えた保険契約の支払請求手続きにおいて、開示する必要のない個人情報を債権者に提供していたと発表した。

同社では、一般顧客向けの請求書において支払請求手続きが円滑に進むよう、電話番号などの個人情報をあらかじめ請求書に印字しており、債権者には一部開示する必要がない個人情報が含まれていたが、そのまま使用していたという。

必要以上の情報開示を行ったケースは124件で、そのうち96件は国や地方公共団体などの公的機関、25件は公的機関以外の債権者だった。内容はケースによって異なるが、契約者の電話番号や保険料振替口座、被保険者の性別や生年月日、税務申告に関する情報などが含まれる。また3件は保険金受取人に対し、本来開示する必要がない質権者の送金口座情報が記載されていた。

同社では、対象となる顧客に謝罪の文書を送付。書類や事務手順を点検して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2013/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保険証券システムで他契約者情報が閲覧可能 - 日本ワイド少額短期保険
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
保育施設保護者向け書類を誤配布、国保免除申請書の紛失も - 高槻市
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
新型コロナ宿泊療養施設で他療養者の健康保険証が閲覧可能に
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
高齢者施設関係者が個人情報を政治利用 - 小金井市
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導