Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会、PDFファイルの利用権限制御や閲覧期限設定を実現するサービス

大塚商会は、PDFファイルのセキュリティを強化するASPサービス「たよれーるPDFセキュリティサービス」を、11月1日より提供開始する。

20131025os_001.jpg
サービスの概要(図:大塚商会)

同サービスは、PDFファイルの閲覧や、利用期限の制御を実現するソリューション。ログの取得にも対応している。キヤノンITソリューションズの「PDFPolicy Service」を活用したもので、ファイルは、「Adobe Reader」により閲覧することが可能。

ユーザーやグループごとに文書の閲覧、印刷、編集など利用権限を制御でき、任意のタイミングでファイルを閲覧できないよう権限を変更できる。また任意の文字列を透かしとして文書に埋め込むことや、監査ログにより利用状況を確認することが可能。

価格は、10ユーザー込みの基本パックが月額2万1000円。初期費用が3万1500円。追加10ユーザーが1万5750円から。

(Security NEXT - 2013/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
遊んで学べる「サイバー迷宮脱出ゲーム」 - 警視庁が無償公開
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
コピー書類のマスキングを支援、複合機用アプリ - リコー
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料