Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LPI-Japan、「Linuxセキュリティ標準教科書」を公開 - PDF版とEPUB版は無償

エルピーアイジャパンは、Linuxの技術者育成と教育のための教材「Linuxセキュリティ標準教科書」を提供開始した。PDF版とEPUB版は無償で公開している。

同教材は、サーバOSとして広く活用されているLinuxにおけるセキュリティを学ぶために最低限必要となる知識を体系的にまとめたもの。

年々高度化しているサイバー攻撃に対抗するため、セキュアなLinuxシステムを構築できるスキルを持った人材の育成が重要課題であるとして、教育機関や企業研修などで利用できるよう無償で提供する。

同法人のサイトから無償でダウンロードできるPDF版とEPUB版のほか、有料で提供されるKindle版と書籍版もある。テキストの構成は以下の通り。

1章:はじめに~セキュリティに関わる問題の原因と対策~
2章:Linuxサーバにおけるセキュリティ基本チェック
3章:iptablesによるパケットフィルタリング
4章:SELinux
5章:ACL
6章:OpenSSHによるサーバアクセスと、サーバ管理
7章:セキュリティツールによる改ざん検知と侵入検知
8章:セキュリティスキャンツールによる脆弱性のチェック
9章:WEBサーバ(apache)におけるセキュリティ

(Security NEXT - 2013/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
VDOO、CCDSにIoT機器の評価サービスを無償提供
新社会人向けセキュリティ研修動画を公開 - CSIRTトレーニングセンター
テレワーク環境導入、無償相談窓口設置の動き