Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月に「セキュリティ・ミニキャンプ in 横浜」が開催

セキュリティ・キャンプ実施協議会は、「セキュリティ・ミニキャンプ in 横浜」を11月に開催する。現在、申し込みを受け付けている。

同イベントは、若年層を対象とした情報セキュリティの学習イベント。毎年開催されている「セキュリティ・キャンプ中央大会」は、参加人数が限られているため、中央大会へ参加経験がない若年層を対象に地方大会を展開している。

今回のミニキャンプでは、カリキュラムに「プログラミング言語の歴史」「セキュリティ・キャンプとCTF」「事例に学ぶ危険なシステム設計」「Arduinoでの組込みOS自作体験」「超簡易PC用OS自作体験」「新しい暗号技術」を予定している。

日程は、11月3日、4日の2日間で参加費は無料。日本在住の22歳以下の学生を対象としており、定員は30人。参加条件の詳細や、申込用紙はウェブサイトよりPDFでダウンロードすることができる。申し込みの締め切りは10月18日17時。

(Security NEXT - 2013/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意
セキュキャン全国大会、オンライン開催に - 新型コロナ影響で
セキュキャン修了生の交友会をオンラインで開催
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
8カ国から若者が集結する「GCC」 - 国内参加者の募集開始
キャンプ場予約サイトに不正アクセス - 施設のメアドが流出か
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
都内で「セキュリティ・キャンプフォーラム2019」を開催 - IPA
セキュキャン修了生イベント、成果発表やMVPを募集
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」