Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不審ファイルの実行をエミュレートしてマルウェア検知する「Check Point R77」

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、同社セキュリティプラットフォームの最新版となる「Check Point R77」を提供開始した。既存ユーザーは無償でアップグレードできる。

最新版となる同プラットフォームでは、ウェブコンテンツやメールの添付ファイルなど、外部から侵入する不審ファイルの実行をエミュレート、マルウェアを検知して遮断する「Check Point ThreatCloud Emulation Service」を搭載。発見した脅威情報は、クラウド上のThreatCloudを通じて共有できる。

また「Check Point HyperSpect」によるパフォーマンスを実現。コンプライアンス監視機能を提供する「Check Point Compliance Software Blade」を標準で搭載した。そのほか集中デバイス管理機能やオペレーティングシステム「Check Point GAiA」のユーザビリティを強化。「RADIUS」と「IF-MAP」の統合による認識機能の拡張など機能強化を実施している。

(Security NEXT - 2013/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携