Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6月から7月にかけてサイト改ざん被害がピーク - 1カ月あたり1000件以上

2013年6月、7月と2カ月にわたり、ウェブサイトの改ざん被害が1000件を上回った。情報処理推進機構(IPA)とJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)では、運営者や管理者に点検と対策を呼びかけている。

20130910_jp_001.jpg
JPCERT/CCに寄せられた被害報告件数の推移(グラフ:IPA)

JPCERT/CCに寄せられたサイト改ざんの被害報告件数を見ると、2012年下半期は200件から400件で推移していたが、2013年に入ってから徐々に増加傾向を強め、6月は1028件、7月は1106件と一気に急増した。8月は少し落ち着いたものの、700件弱の報告が寄せられている。IPAに対する届出も同じく増加しており、繰り返し注意喚起を行っている。

IPAによれば、増加の原因となった攻撃手法はおもに4種類あるという。ひとつは、ウェブサイトの管理端末に侵入したウイルスによって認証情報を窃取し、ウェブサイトを改ざんする手口。また使い回しているパスワードを狙った「パスワードリスト攻撃」による改ざんも発生している。

ウェブサーバの脆弱性を狙った攻撃では、「Apache Struts 2」やCMSの「WordPress」向けに提供されているプラグイン「My Twitter」、サーバを管理する「Parallels Plesk Panel」などの脆弱性が狙われていると傾向を説明。ウェブアプリケーションに存在する「SQLインジェクション」の脆弱性も引き続き攻撃対象となっている。

情報処理推進機構(IPA)では、管理端末やサーバの脆弱性対策、パスワードの使い回しを避けるなど、セキュリティ対策を実施し、対策を講じるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応