Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

服飾ブランド「LIBRE MAISON」のオンラインショップが改ざん

ファッションブランド「LIBRE MAISON」のオンラインショップが不正アクセスにより改ざんされ、閲覧した場合ウイルスに感染するおそれがあった。

同サイトを運営するトリニティアーツによれば、同オンラインショップは、すでに8月20日を持って閉店しているが、閉店の案内ページが被害に遭ったという。8月23日0時から19時にかけて改ざんされた状態に陥り、閲覧するとウイルスに感染する可能性があった。顧客情報の流出については否定している。

同社では、改ざんされた期間に同ページへアクセスした利用者に対し、セキュリティ対策ソフトやオンラインスキャンなどでウイルスチェックを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

神戸市、個人情報の不正操作で職員処分 - 保険料増額の通知から発覚
学生服通販サイトの旧サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
求職情報サイトが侵害、CMSプラグインの脆弱性突かれる - 日刊工業新聞
東京ヴェルディの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
健康食品通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
メルマガ登録者情報が流出、犯行声明メールも - 大阪の楽団
ワイン通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性