Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、サイバーセキュリティアナリストを公募

情報処理推進機構(IPA)は、サイバーセキュリティアナリストの公募を開始した。

サイバー攻撃の分析やフォレンジック、ソーシャルエンジニアリング、関連技術などにくわしいセキュリティアナリストを若干名、採用するもので、委嘱時期は、10月下旬より来年の3月31日まで。必要に応じて任期を延長する場合もあるとしている。

応募期間は8月22日から9月17日まで。書類による1次選考と、面接による2次選考が行われる。職務内容の詳細はウェブサイトよりPDFにてダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2013/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
セキュキャン修了生の発表イベント - オンラインで開催
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA