Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、「アンチウイルスLinuxゲートウェイ」の仮想アプライアンス版

エフセキュアは、ゲートウェイ型のセキュリティ対策製品「エフセキュアアンチウイルスLinuxゲートウェイ」の仮想アプライアンス版を提供開始した。

同製品は、メールやウェブトラフィック、ファイル送受信においてウイルスをブロックし、社内ネットワークへの拡散を防ぐゲートウェイ製品。仮想アプライアンス版では、Linuxを含む形で提供し、従来のソフトウェア版では必要だったOSの準備やメンテナンスが不要。仮想基盤の管理ツールを使用し仮想マシンを導入するだけで利用できる。

仮想アプライアンスは、OVF(Open Virtualization Format)形式にて提供。導入後はコンソールのメッセージに従ってIPアドレスなどの初期設定を行うだけですぐに使用できる。設定はウェブベースの日本語UIから行うため、Linuxの知識がなくても使いこなすことができるという。

(Security NEXT - 2013/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス