Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本電算設備、仏Socomec製UPSを販売開始

日本電算設備は、仏Socomec Group製の小型UPS「Socomec MASTERYS BC-L」を販売開始した。

20130806_nd_001.jpg
Socomec MASTERYS BC-L

同シリーズでは、定格電圧が「208-220-230-240V」と「460-480V」の2モデルを用意。ぞれぞれ出力容量が「10kVA」「15kVA」「20kVA」「30kVA」「40kVA」の5機種をラインナップしている。

UPSとしては、オンライン二重変換モードで動作し、入力力率は0.99%。中小規模のデータセンターや金融機関のサーバールームなど、ミッションクリティカルな環境のニーズに対応する。監視用のディスプレイのほか、2系統のLANインタフェースを装備した。

主電源で発生するあらゆる危険な過度電圧から保護するほか、雷サージ保護フィルタを標準で装備している。長寿命型バッテリと高性能なEBS バッテリ充電管理によりバッテリのエージングを抑制する。

価格はオープンプライス。同社では、初年度に約4億円の売上を見込み、製品を展開していく。

(Security NEXT - 2013/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SMBC日興証券で一時障害 - データセンターで電源ダウン
ZyXELのNAS製品にゼロデイ脆弱性 - 悪用コードが闇市場に
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
三菱電機製「インバータ」制御ソフトに2件の脆弱性
オムロン無停電電源装置向けソフトに脆弱性
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
自家発電用燃料、約1週間分を手配できる見込み - さくら
自家発電中のさくら石狩DCに一部電力供給が再開