Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RESTECの衛星画像注文システムに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性

人工衛星により撮影した画像の販売などを手がけるリモート・センシング技術センター(RESTEC)は、注文システムが不正アクセスを受け、顧客情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同センターによれば、地球観測衛星画像のオンライン検索・注文システム「CROSS-EX」のサーバで脆弱性が見つかったため、7月18日21時にサーバを停止。その後の調査で不正アクセスの痕跡が確認され、顧客の登録情報が流出した可能性のあることが判明したという。

流出した情報にクレジットカード情報が含まれていないことは判明しているが、詳細については現在調査を進めており、詳細がわかり次第発表する。同システムの復旧については、めどがついた時点で告知する予定。

(Security NEXT - 2013/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か