Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラネクシー、VDI環境に正式対応したデバイス制御ソフト最新版

ラネクシーは、最新のVDI環境に対応したデバイス制御ソフトの最新版「DeviceLock 7.2」を販売開始した。

同製品は、米DeviceLockが開発したデバイス制御ソフト。USBメモリやCD-ROM、SDカードなどリムーバブルメディアをはじめ、FireWire、無線LAN、Bluetooth、赤外線、プリンタなど周辺機器の使用を制限することで、情報の不正な持ち出しを防ぐ。

最新版では、Windows Serverのリモートデスクトップサービスや「Citrix」「VMware View」などのVDI環境下でのデバイス制御が可能になった。

イベント発生時にSMTPやSNMPによりリアルタイムにアラートを送信できるほか、任意のブラウザでデバイスが管理できる「Web Console」を搭載。大規模ネットワークのアクセス管理が容易になった。

(Security NEXT - 2013/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド