Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防衛省、サイバーディフェンス連携協議会を発足 - サイバー攻撃対策で官民連携

防衛省は、同省と防衛産業におけるサイバー攻撃対処能力の向上を目指し、サイバーディフェンス連携協議会(CDC)を発足した。

同協議会では、民間の防衛産業の安全性確保が自衛隊の安定的な活動を進める上で重要であるとし、同省、自衛隊および防衛産業でパートナーシップを確立。対処能力の向上、信頼関係の構築を通じてサイバー攻撃へ対応していく。

標的型メール攻撃や不正通信に関する情報共有を進めるほか、企業間で情報共有が難しい情報については、防衛省がハブとなり、情報共有を推進。サイバー攻撃に対するベストプラクティスの共有、共同訓練などの実施も計画している。

同協議会ではサイバーセキュリティに強い関心を持つ10社程度をコアメンバーとするが、取り組みや実効性などを理由に参加企業は非公開とした。

(Security NEXT - 2013/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
防衛省、人材発掘を目的としたCTFコンテストを実施
「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
ウクライナ狙う破壊マルウェア、正規ソフトを悪用
セキュリティ技術者を育成する学習プラットフォームを提供 - CDI
三菱電機の流出可能性ファイル59件に安全保障関連情報 - 防衛省調査
攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
サイバー防衛シンポ熱海2021、12月にハイブリッド開催
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開