Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

楽天でなりすましによる不正ログイン、ポイント窃取が発生 - 被害会員に補償実施

楽天は、同社のポイントサービスになりすましによる不正ログインが発生しており、一部会員のポイントが不正に奪われる被害が生じていることを明らかにした。被害を受けた会員へ補償を行う方針だという。

同社によれば、「楽天スーパーポイントサービス」において第三者が利用者になりすます「不正ログイン」が発生。他社から流出したと見られるIDとパスワードが用いられ、第三者によってポイントが使用された。具体的な被害規模は明らかとなっていない。

同社では、「楽天スーパーポイント」を電子マネー「楽天Edy」に移行できるキャンペーンを8月まで期間限定で展開しており、同サービスが悪用されたと見られている。同社ではキャンペーンを急遽中止した。

同社は、同社経由の情報漏洩について否定。不正に取得された会員に対し、個別に連絡を取るなど対応を進めている。

同社ポイントサービスの規約では、第三者のなりすましによる不正使用に対し、ポイントの返還など行わないことを明記している。しかし今回の問題に関しては、不正取得されたポイントを補償する方針を示している。

また同社は、ほかのサイトやサービスと同じパスワードを使い回している会員に対し、パスワードを変更するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断