Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スラスト、中小企業向けにサイトの攻撃監視や脆弱性診断を提供するサービス

スラストは、ウェブサイトの脆弱性診断や攻撃を監視する中小企業向けサービス「WEB THRUST“S”」を提供開始した。

同サービスは、ウェブサイトの脆弱性診断や攻撃監視を提供するもので、サイバー攻撃によるシステムダウンやサイト改ざん、情報漏洩のリスクを低減させる。

具体的なサービス内容は、ログによるサイバー攻撃監視、ホームページ改ざん検知による監視、サーバの脆弱性診断、SQLインジェクション診断、クロスドメインスクリプト診断、偽サイトへの誘導監視など。24時間365日体制で対応する。

同社では、ホスティング事業者やデータセンター事業者へサービスを拡販し、今後3年間に1万社の導入を目指してサービスを展開していくという。

(Security NEXT - 2013/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化