Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバートラストの「EV SSL証明書」が日本語表記に対応

サイバートラストは、同社の「EV SSL証明書」が、日本語表記に対応したと発表した。

同社が販売する「SureServer EVシリーズ」を含む「SureServerシリーズ」が日本語表記に対応したもの。従来は、アドレスバーの表記や証明書の組織名が英語で表示されたが、日本語による表示に対応した。

証明書の中に含まれる組織名が英語で表記される場合、弁護士による書類や、定款と印鑑証明書の提出など、手続きが煩雑となる場合があったことから、日本語利用に対応した。

すでに日本語表記に対応した証明書を提供しているベンダーもおり、同社では今回の日本語対応で競争力の強化を図り、煩雑さがネックとなっていた企業や行政機関への導入を加速させる。またインターネット選挙の解禁を受け、政党や議員、候補者に対してもアピールしていく。

(Security NEXT - 2013/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定