Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECキャピタル、モバイルPC向けウェブフィルタリングサービスを提供

NECキャピタルソリューションは、モバイルパソコンへウェブフィルタリング機能を提供する「PIT-URLフィルタリングマネージドサービス」を提供開始した。

同サービスは、企業の持ち出し端末を対象としたウェブフィルタリングソリューション。アルプスシステムインテグレーション(ALSI)のクラウド型ウェブフィルタリングサービスを採用した。

URLやカテゴリによるフィルタリングが可能で、HTTPSサイトのフィルタリングに対応。ファイル共有ソフトやメッセンジャーの起動を制御することもできる。さらに例外URLの設定やポート番号規制、サイト書き込み規制など個別ポリシーを設定できる。

ポリシーの登録は同社サービスデスクが代行。設定したポリシーはクラウド上のサーバで管理し、利用端末に自動で反映できる。料金は1ライセンス月額420円。利用は5ライセンス12カ月から。

(Security NEXT - 2013/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加