Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、MDMサービスに「セキュアブラウザ」 - 画面キャプチャやデータの残存を防止

インターネットイニシアティブは、クラウド型MDMサービス「IIJ Smart Mobile Managerサービス」に、スマートデバイス専用の「セキュアブラウザ」を7月上旬より提供する。

同サービスは、iOSおよびAndroid端末を一元管理できるクラウド型サービス。あらたに追加した「セキュアブラウザ」では、スマートデバイスにおけるウェブアクセスのポリシーを一括設定することが可能。立ち上げるたびに最新のポリシーを適用できる。

通信履歴やキャッシュ、クリップボード、画面キャプチャなどを禁止でき、「Officeファイル」や「PDFファイル」の表示をブラウザ内に限定することで端末内へデータが残存することを防止できる。クライアント証明書を用いた認証にも対応した。

また、「IIJ GIOリモートアクセスサービス」「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」など同社のセキュリティサービスと連携させることで、パソコンと同一のセキュリティポリシーで運用できる。セキュアブラウザの料金は、初期費用が1契約あたり2万円。月額料金が1端末あたり250円。

(Security NEXT - 2013/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性