Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デルソニックウォール、企業向けに最適化した「SuperMassive 9000シリーズ」を投入

デルは、ファイアウォールやアプリケーション制御、IPSなどを備えたエンタープライズ向けセキュリティアプライアンス「Dell SonicWALL SuperMassive 9000シリーズ」を発売した。

同製品は、エンタプライズ向けのセキュリティアプライアンス製品の新ラインナップ。フラッグシップ製品である「同E10000シリーズ」の下位モデルにあたり、コア数やスループットなど見直し、コストパフォーマンスをを企業向けに最適化した。

最大32コアで動作。ネットワークトラフィックにおいてコンテンツ検査を行う「Reassembly-Free Deep Packet Inspection(RFDPI)」に対応し、アプリケーションによるトラフィックを可視化し、制御できる。

「SFP+ 10Gbps」を4ポート、1Gbpsを16ポート搭載。ゲートウェイだけでなく、レイヤ2ブリッジモードやワイヤモードなどでも活用できる。1Uサイズで、電源やファンを冗長化しており、ホットスワップに対応。コア数やスループットなどが異なる「同9600」「同9400」「同9200」の3モデルを用意している。

(Security NEXT - 2013/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パロアルト、「PAN-OS」に新版 - Advanced WildFireなど新機能
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
フォーティネット、新シリーズ「FortiGate 3000F」を発表
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能