Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックとセキュアソフトが協業、アジア地域や米国へのサービス展開強化へ

ラックとセキュアソフトは、販売や技術面で協業すると発表した。両社はノウハウの共有も行い、日本国外へのサービス展開も強化するという。

ラックは、今回の協業を通じてセキュリティマネージメントサービス「JSOCセキュリティ監視・運用サービス」の対象機種にセキュアソフトの「SecureSoft Sniper IPS」を追加した。

今後両社は、日本国内にくわえ、海外展開を予定しており、アジア地域や米国などにサービスを展開。ノウハウを融合したセキュリティソリューションの開発やサービスの提供を目指すとしている。

(Security NEXT - 2013/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
メール送信ミスで入試事前審査の合否情報が流出 - 神戸大
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
レクサスなど複数トヨタ車DCUに「BlueBorne」脆弱性
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ
「Jira Server」の脆弱性を探索するアクセスを観測 - 警察庁
サイト改ざん、入力内容確認ページなどから不正サイトに誘導 - 着物レンタル会社