Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米CISA、ランサム「ALPHV」に注意喚起 - 「ノーウェアランサム」の手口も

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)と米連邦捜査局(FBI)は、昨今の被害状況を踏まえ、ランサムウェア「ALPHV」ついてあらためて注意喚起を行った。

「ALPHV」は、別名「Blackcat」「Noberus」としても知られるランサムウェア。「RaaS(Ransomware as a Service)」を提供しており、アフィリエイト参加者による攻撃が展開されている。

2月には機能がアップデートされ、セキュリティ対策機能の回避などに対応。「Windows」「Linux」にくわえて「VMWare」のインスタンスを暗号化する機能なども備えている。

CISAでは、4月にも同ランサムウェアに関する「IoC(Indicators of Compromise)」情報などを公開し、注意を呼びかけていたが、さらに被害が拡大。FBIの調査では、2023年9月の時点で被害は1000を超えており、米国外でも250の被害が発生。身代金として3億ドル近くを得たものと見られている。

さらなる被害の拡大を防ぐため、あらためてセキュリティアドバイザリを公開した。FBIが12月2日までに得られた情報をもとに内容を更新し、「IoC」や攻撃手法などの情報を提供。事前のセキュリティ強化や被害を想定した緩和策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催