Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dropboxなどへファイルを自動的に暗号化して保存できる秘文新製品

日立ソリューションズは、クラウド型のオンラインストレージサービス利用時の情報漏洩リスクを低減する「秘文 Cloud Data Protection」を8月30日より提供開始する。

20130423_hs_001.jpg
秘文 Cloud Data Protection(図:日立ソリューションズ)

同製品は、ファイルを透過的に暗号化し、オンラインストレージ上に保存できるセキュリティソリューション。パソコンやスマートデバイスで同期したファイルも暗号化された状態で保存される。

暗号鍵やポリシー、ログの取得をサーバで行い、ログインアカウントに紐づいたアクセスコントロールを実現し、企業やプロジェクトごとに機密性を確保することが可能。

編集が行えるクライアントソフトや専用ビューアを提供し、暗号鍵やパスワードの使い分けを意識せずに利用できる。ビューアは、Windowsにくわえ、iOSに対応。Androidについてもサポートする見込み。

利用可能なストレージサービスは、Microsoftの「SkyDrive」をはじめ、「Dropbox」「BOX」など主要サービスのほか、「Googleドライブ」にも対応する予定。さらにストレージサービスやマネジメントサービスを行う事業者と連携してサービスを提供するほか、組織内でサーバを構築しているケースには個別に対応する。

同社では、グローバル市場において「Credeon」シリーズを展開しており、同製品についても北米で「Credeon Cloud Data Protection」としてトライアルサービスを展開しており、グローバル市場のニーズを取り入れた製品開発を推進していくという。

(Security NEXT - 2013/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開