Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、140人体制のサイバー攻撃特別捜査隊を新設 - 民間登用、語学力も重視

警察庁は、4月より13都道府県警察に「サイバー攻撃特別捜査隊」を設置する。約140人の専従捜査員を配置し、サイバー攻撃対策の推進体制を強化する。

20130329_np_001.jpg

今回新設されたサイバー攻撃特別捜査隊は、警視庁をはじめ、大阪、京都、愛知、福岡、北海道、香川など管区警察局所在県を中心とする13都道府県に配置。

サイバー攻撃の情報収集、犯罪捜査や予防などを推し進めるほか、管轄外の他都道府県警察を支援。警察庁情報通信局、各管区警察局、北海道警察情報通信部の技術部隊「サイバーフォース」と連携する。

専従捜査員は、情報通信や生活安全部門との人事交流に加え、情報収集や警備犯罪の捜査に従事してきた捜査員を配置。

さらに民間企業から中途採用した技術者や、サイバーテロ対策専科の修了者など、情報通信技術の専門知識を持つ職員を確保。また外国からのサイバー攻撃への体制を構築するため、語学力も重視していくという。

(Security NEXT - 2013/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
子会社にサイバー攻撃、製品供給に影響なし - J-MAX
サイバー攻撃によるシステム障害が発生 - ニシオHD
「Cobalt Strike」不正利用対策で国際作戦 - 攻撃元IPアドレスを封鎖
ルーマニア拠点にサイバー攻撃、影響などを解析 - NTTデータグループ
サイバー攻撃受け障害、従業員情報流出の可能性 - パルグループHD