Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アクト・ツー、Mac向けセキュリティソフト「Intego 2013」シリーズを発売

アクト・ツーは、Mac OS X向けに米Intego製セキュリティ対策ソフト「Intego 2013」シリーズのダウンロード版を販売開始した。パッケージ版は4月下旬より提供する予定。

企業向けには、セキュリティ対策ソフト「VirusBarrier 2013」を提供。同製品では、「Mac OS X」にくわえ、「Windows」や「UNIX」を対象とするマルウェアの検知や駆除にも対応。さらにMacへ接続した「iPhone」「iPad」「iPod Touch」内のマルウェアを駆除できる。

またアプリケーションやプロセスを監視し、ネットワーク接続を制御できる「NetBarrier 2013」を提供。いずれも5台より、1年以上で契約が可能。価格は「VirusBarrier 2013」は1万6680円から。「NetBarrier 2013」は、8380円から。

一方、コンシューマー向けには、「VirusBarrier 2013」と「NetBarrier 2013」をセットで提供する「Mac Internet Security 2013」や、ペアレンタルコントロール製品「Family Protector」を追加した「Family Protector Premium」を提供。

さらにバックアップソフト「Personal Backup」、「Cookie」や「キャッシュ」などを削除する「Washing Machine」のあわせて5製品をバンドルしたスイート製品「Mac Premium Bundle 2013」を発売する。

このほか、Windows版のセキュリティ対策ソフト「Panda AntiVirus Pro 2013」「Panda Internet Security 2013」をセットにしたデュアルプロテクションプランを用意している。

(Security NEXT - 2013/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も