Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、モバイルアプリの脆弱性検査ソフトが iOSに対応

日本IBMは、スマートデバイス向けアプリケーションの脆弱性を検査するソフトウェアの最新版「IBM Security AppScan Source V8.7」を3月25日より提供開始する。

同製品は、ウェブアプリケーションやモバイルアプリケーションの脆弱性検査を行うセキュリティソリューション「IBM Security AppScan」を構成するソフトウェア。最新版では、従来より対応している「Android」にくわえ、「iOS」に対応した。

アプリケーションの開発段階でソースコードを分析する「静的解析」により脆弱性を診断。脆弱性に起因する情報漏洩リスクなどを低減する。開発の上流で脆弱性を発見できるため、開発期間の長期化やコストの増大を抑制する。

(Security NEXT - 2013/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
サイバー保険付帯した新規開業税理士向け業務ソフト - エプソン
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec