Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、モバイルアプリの脆弱性検査ソフトが iOSに対応

日本IBMは、スマートデバイス向けアプリケーションの脆弱性を検査するソフトウェアの最新版「IBM Security AppScan Source V8.7」を3月25日より提供開始する。

同製品は、ウェブアプリケーションやモバイルアプリケーションの脆弱性検査を行うセキュリティソリューション「IBM Security AppScan」を構成するソフトウェア。最新版では、従来より対応している「Android」にくわえ、「iOS」に対応した。

アプリケーションの開発段階でソースコードを分析する「静的解析」により脆弱性を診断。脆弱性に起因する情報漏洩リスクなどを低減する。開発の上流で脆弱性を発見できるため、開発期間の長期化やコストの増大を抑制する。

(Security NEXT - 2013/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
RPAなど活用したウェブアプリの定額診断サービス - ラック
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
セキュリティ技術者を育成する学習プラットフォームを提供 - CDI
トレンドがLog4Shell無料診断ツール - エンドポイントとウェブアプリに対応