Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、「InterSafe ILP」の最新版 - 暗号化ファイルのウイルス検知が可能に

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、ファイルの暗号化やデバイス制御などの製品群で構成されている「InterSafe ILP」の最新版を販売開始した。

「同Ver. 3.0」は、ファイル自動暗号化ソフト「InterSafe IRM」、デバイス制御ソフト「InterSafe DeviceControl」、ウェブ型申請、承認ソフト「InterSafe WorkFlow」、USBメモリの暗号化ソフト「InterSafe SecureDevice」、PDF作成ソフト「InterSafe SecurePDF」で構成されているセキュリティソリューション。

20130314_al_001.jpg
新機能「InterSafe SecurePDF」

最新版では、PDFを作成できるソフト「InterSafe SecurePDF」を追加。暗号化やパスワード、有効期間、コピーや印刷の制御など、セキュリティ機能を設定したPDFを作成できる。

また従来のファイル暗号化製品では、不正なファイルも暗号化され、セキュリティ対策ソフトで検知できない問題が存在するが、「InterSafe IRM」では、ウイルス対策ソフトがファイルを読み込むタイミングのみ、自動的に復号化できる機能を追加。暗号化ファイルのウイルス検知に対応した。

さらに「InterSafe WorKFlow」のオプションとして、許可されたデバイスへの安全な持ち出しを実現する「クイック書き出し機能」を追加している。

(Security NEXT - 2013/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX