Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、「InterSafe ILP」の最新版 - 暗号化ファイルのウイルス検知が可能に

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、ファイルの暗号化やデバイス制御などの製品群で構成されている「InterSafe ILP」の最新版を販売開始した。

「同Ver. 3.0」は、ファイル自動暗号化ソフト「InterSafe IRM」、デバイス制御ソフト「InterSafe DeviceControl」、ウェブ型申請、承認ソフト「InterSafe WorkFlow」、USBメモリの暗号化ソフト「InterSafe SecureDevice」、PDF作成ソフト「InterSafe SecurePDF」で構成されているセキュリティソリューション。

20130314_al_001.jpg
新機能「InterSafe SecurePDF」

最新版では、PDFを作成できるソフト「InterSafe SecurePDF」を追加。暗号化やパスワード、有効期間、コピーや印刷の制御など、セキュリティ機能を設定したPDFを作成できる。

また従来のファイル暗号化製品では、不正なファイルも暗号化され、セキュリティ対策ソフトで検知できない問題が存在するが、「InterSafe IRM」では、ウイルス対策ソフトがファイルを読み込むタイミングのみ、自動的に復号化できる機能を追加。暗号化ファイルのウイルス検知に対応した。

さらに「InterSafe WorKFlow」のオプションとして、許可されたデバイスへの安全な持ち出しを実現する「クイック書き出し機能」を追加している。

(Security NEXT - 2013/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック