Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、ウイルスや脆弱性を発見する無償ツール - 他社製品と共存も可能

カスペルスキーは、セキュリティ対策の状態についてアドバイスする無償ツール「カスペルスキーセキュリティスキャン」を提供開始した。

同製品は、Windows端末内のウイルスやソフトウェアの脆弱性を発見し、レポートを提供するソフトウェア。同社ウェブサイトより無償でダウンロードすることができる。

最初にウイルス対策ソフトのアップデート状態やファイアウォールの利用状況を確認。さらに、悪意のあるプログラムや脅威、脆弱性の有無についてチェックする。

同ツールでは、クラウド基盤や同社の製品と同じ定義ファイルを利用。ルートキット以外のマルウェアを検知する。他社製品の利用環境下でも利用できるという。

(Security NEXT - 2013/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
SAJ、サイバーセキュリティボランティア制度を創設 - 人材不足の公益団体を無償支援
JPCERT/CC、「EmoCheck v2.3」を公開 - 「Emotet」検出方法を拡充
進化する「Emotet」に対応した感染チェックツール最新版を公開 - JPCERT/CC
未感染者にも及ぶ「Emotet」被害 - なりすまされ、約10万件のメール
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC
シスコ、中小企業向けにセキュリティ対策の支援窓口
Emotetの進化を受けて「EmoCheck v2.1」を公開 - 念のため最新版でチェックを
「Emotet」相談、前月の約7倍に - 自然な日本語と具体的な指示で信用させる文面も