Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんで閲覧者にウイルス感染のおそれ - 日本郵政グループ会社

日本郵政のグループ会社でダイレクトメールの代行サービスなどを提供しているJPメディアダイレクトのウェブサイトが、一部改ざんされていたことが判明した。閲覧者にウイルス感染のおそれがあるという。

改ざんが発生したのは、ダイレクトプロモーションに関する情報を提供している「How to ダイレクト」のページ。外部から指摘を受けて判明したもので、現在同ページを閉鎖している。

同社では詳細について調査を進めているが、2月18日から27日にかけて改ざんされていた可能性が高いという。問題のページを閲覧すると、ウイルスに感染する可能性があった。

同社では、感染する可能性があったウイルスの種類や対処法などについて、判明次第、サイト上で報告したいとしている。現在は、心当たりがある利用者へ、セキュリティ対策ソフトなどを用いて感染の有無を確認するよう呼びかけている。

また、同社のメール配信サービス経由で約2600通のメールが発信されたという。現段階で改ざんとの関連性はわかっていないが、メールアドレスなど個人情報の流出については否定している。

(Security NEXT - 2013/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す