Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、制御システム関係者向けセキュリティ情報サイト「ConPaS」開設

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、制御システム関係者向けにセキュリティ関連情報を提供するサイト「ConPaS(Control System Security Partner's Site)」を開設した。

同サイトは、制御システム関する国内外の動向をはじめ、脅威や対策情報、ガイドライン、関連ツールなどの情報を提供する登録制のポータル。制御システムのセキュリティ関係者を支援する。

サイトの利用には事前登録が必要で、制御システムのベンダー企業およびユーザー企業、エンジニアリング会社、セキュリティベンダー、関連団体などに所属する関係者や研究者が対象。JPCERT/CCのサイトから登録申込ができる。

(Security NEXT - 2013/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
IoTシステムのセキュリティ実装でチェックシート - SIOTP協議会