Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックとアカマイ、DDoS攻撃への対策ソリューションで連携

ラックとアカマイ・テクノロジーズは提携し、大規模かつ巧妙となりつつDDoS攻撃に対応するソリューションを展開する。

同ソリューションは、アカマイの「KONAセキュリティソリューション」とラックのセキュリティサービスを組み合わせて提供するもの。

「KONAセキュリティソリューション」では、世界81カ国に展開する約13万台のサーバを活用。大量のアクセスが集中するDDoS攻撃によりウェブシステムが停止するリスクを排除し、ダウンタイムの発生やデータの窃取といった被害を防止する。

さらにラックでは、同ソリューションにくわえ、セキュリティ監視センター「JSOC」による監視サービスを提供することで、システムの安定運用を支援。日本特有の攻撃に対しても、ラックの独自シグネチャで対応できる。

ラックでは、今回の協業を通じて既存顧客にくわえ、アカマイの利用者に「JSOC」による監視サービスを提供。さらにワールドワイドにおける新規顧客に対しても同ソリューションを展開していく。

(Security NEXT - 2013/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「e-Gov」の障害原因が明らかに - 攻撃元など非公表
4省庁23サイトで障害、DDoS攻撃が原因か - 民間サイトでも障害
7月のDDoS攻撃、前月から微増 - IIJレポート
6月のDDoS攻撃は1割減、最大規模も大きく縮小 - IIJレポート
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
4月のDDoS攻撃は件数、最大規模ともに減少 - IIJレポート
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー