Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月の不正サイト検知数、前月比7.1%増 - 違法DLサイトへのアクセスが増加

BBソフトサービスは、2月に同社セキュリティ対策ソフト「Internet SagiWall」で検知した不正サイトの状況を取りまとめた。

レポートによれば、2月に検知した詐欺サイトやマルウェア感染サイトなどの不正サイトは48万1541件。前月から7.1%増加。Android端末における検知数も4.1%増となった。

音楽や映像、ソフトなどを違法に配信するダウンロードサイトへのアクセス増加が原因だという。こうしたサイトでは、マルウェアが配布されている可能性もあるとして、同社では利用しないよう警告を発している。

検知した不正サイトを種類別に見ると、「ワンクリック・不当請求詐欺サイト」が前月比0.5ポイント下回ったが全体の97.5%を占める。

マルウェア感染サイトが1%で前月から0.5ポイント増加。このほか、フィッシング詐欺サイトと偽セキュリティソフト配布サイトがいずれも0.5%、脆弱性悪用サイトが0.3%だった。

(Security NEXT - 2013/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験