Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kingsoft Writer」にバッファオーバーフローの脆弱性

キングソフトのオフィススイートに含まれる「Kingsoft Writer」に、バッファオーバーフローの脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報サイト「JVN」によると、細工されたファイルを開くことによって脆弱性が攻撃を受けると、バッファオーバーフローが発生し、任意のコードを実行されるおそれがあるという。

「同2007」「同2010 バージョン番号2723」および以前のバージョンに含まれる。ただし、「同2012」やAndroid向けの製品は影響を受けない。「同2010」の最新版で脆弱性が修正されており、キングソフトやJVNではアップデートを呼びかけている。

今回の脆弱性は、フォティーンフォティ技術研究所の鵜飼裕司氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。修正にあたり、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2013/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開