Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FireEye、取締役に元SymantecのSalem氏を招聘

米FireEyeは、Symantecの前社長兼CEOを務めたEnrique Salem氏を取締役に任命した。

同氏は、前職Symantecへ19年にわたり在職。社長やCOO、マーケティングやコンシューマー製品の担当役員など歴任した。米大統領の運営諮問委員会のメンバーも務めている。

同氏は、企業の保護においてFireEyeが開発する仮想化セキュリティ技術が注目を集めていると語り、今後は取締役会の他メンバーとともに同社の成長を目指す。

同社CEOは、McAfeeの前社長兼CEOの経験を持つDavid DeWalt氏。同氏をはじめ、GoogleやPeopleSoft、米国防総省の元CISOなど8名が取締役会のメンバーを務めている。

(Security NEXT - 2013/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
セキュリティトレーニングのKnowBe4が日本法人設立
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
2019年1Q、フィッシングが17%増 - 3割がMS偽装
組織非公認のチャットサービス、役職者など53%が業務で利用経験
マカフィー日本法人の新社長に田中辰夫氏
カスペルスキー、代表取締役社長に元ソニックウォールの藤岡健氏