Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトの脆弱性診断で勝負 - 専門学生向けセキュコンが開催

専門学校や高等専門学校の学生を対象としたセキュリティコンテスト「MBSD Cybersecurity Challenges 2022」が開催された。実践的な課題を前にプロも感心するプレゼンテーションが展開された。

同コンテストは、三井物産セキュアディレクションが開催した学生を対象とするセキュリティコンテスト。毎年開催しており、2022年で7回目を迎えた。

今回の課題はウェブサイトの脆弱性診断調査。参加者はサイバー攻撃により想定される被害、脆弱性の再現方法、対策方法などを報告書として取りまとめ提出する。11月の予選には、全国27校から105チームがエントリー。上位10チームが12月15日の最終審査会にコマを進めた。

診断対象は、学習塾で利用するウェブサイトを想定。先生や生徒、保護者など複数の権限が存在し、一見仕様もわかりにくく、診断サービス側から見て「診断したくないサイト」がコンセプトとなっている。

脆弱性診断が行われる実際の現場では、当然ながら診断側が対象を選ぶことはできず、仕様や挙動がよくわからない状態で診断を行わなければならないことも少なくなく、より実践的な課題を用意した。

(Security NEXT - 2022/12/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都