Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、より強固な暗号に対応するSSL証明書 - 強度はRSA 2048ビットの約1万倍

日本ベリサインは、より強固な暗号アルゴリズムへ対応するマルチアルゴリズムSSLサーバ証明書を2013年上半期より提供する。

あたらしい暗号アルゴリズムである「楕円曲線暗号(ECC)」および「デジタル署名アルゴリズム(DSA)」にオプションとして対応したSSL証明書を、「ベリサインマネージドPKI for SSL」にて提供するもので、商用CAとしては、はじめての試みだという。

いずれのアルゴリズムも、米国政府によって承認されており、アメリカ国家安全保障局によってコンプライアンス要件を満たす保証を得ている。

同社では、「256ビットECC対応版SSLサーバ証明書」の安全性について、RSA 2048ビットの約1万倍、あるいはRSA 3072ビットのサーバ証明書と同等の強度であることを暫定テストで確認したとしており、一方で応答時間の短縮など、スマートデバイスなどへの負担を軽減できるとメリットを説明している。

(Security NEXT - 2013/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ETCのアカウントを停止した」と不安を煽るフィッシング
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
「OpenSSL」に重要度「高」の複数脆弱性 - アップデートが公開
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市