Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、クラウドの信頼性や可用性に関するレポートを公開

情報処理推進機構(IPA)は、情報基盤として活用が広がるクラウドが停止するリスクや、回避するための方策について検討し、技術レポートとして公開した。

クラウドは企業活動や重要インフラで活用される一方、停止や故障するリスクが存在。実際にトラブルの事例も報告されているにも関わらず認識が不足していることから、同機構では資料を公開している。

報告書「クラウドコンピューティングの社会インフラとしての特性と緊急時対応における課題に関する調査」を2012年9月に公開。今回、同報告書の結果に加え、最近の技術標準化の動向なども踏まえ、技術レポートとして取りまとめた。

具体的には、停止リスクを回避するために、クラウド事業者や通信事業者の取り組みだけでなく、利用者にもディザスタリカバリの強化が必要であることや、クラウドが停止した場合でもサービスを維持できるよう相互運用性や移植可能性の標準化が必要であることを整理。

データセンター間のクラウド移転における国際的な連携が具体化しつつある動向のほか、セキュリティ対策、契約、法制度面の整備といった課題について取りまとめた。

(Security NEXT - 2013/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省